新米会社員のビジネス書レビュー

とある地方企業の新米技術者が、会社で生き抜く術を学ぶためにビジネス書を読んでレビューするブログです。

『伝え方が9割』レビュー

書名:伝え方が9割

著者:佐々木圭一

 

伝え方が9割

伝え方が9割

 

 

この本を選んだ理由

たまたま会社でスライドを用いた発表の機会を得ることができたので、より伝わりやすい言葉を作るにはどうしたら良いか?と言う思いがあり購入しました。

よく話題になっている本であり、気になっていたと言うのもあります。

内容

この本を書こうと思ったのは、そんな私でも伝え方の技術を知り、身につけることができる良いう生の体験をしたからです。

コピーライターとして活躍する筆者が自分の経験から得た強いコトバを作る技術がこの本の主な内容です。筆者自身が最初はコトバを作ることが苦手だった、と言う事実が信じられないくらい、効果的なコトバの作り方がわかりやすくまとめられています。

レビュー 〜コトバに振り回されず、思い通りに操る〜

コトバのレシピ

本書で紹介されているコトバの内容は主に2種類。一つ目は、お願いをする時のコトバの作り方、「ノー」を「イエス」に変えるコトバの作り方です。

その大切なお願いを相手の気まぐれ次第にしないで、あなたのお願いのしかたで「イエス」の確率を上げるのが、この章の目的です。

もう一つは、いわゆるキャッチコピーのような強いコトバの作り方です。

本書では、「強いコトバ」を、人の感情を動かすエネルギーのあるコトバと捉えています。

技術はとても簡単

紹介されている技術はいずれも簡単であり、「え、これで良いの?」と思えるものが結構あります。ですが、言われてみればどこかで見たことのある構成のコトバ、それでいてオリジナリティのあるコトバを生み出すことに本書では成功しています。その手軽さ自体が、本書の魅力の一つでもあります。

この本は、誰でもすぐに使えるように構成しています。

なるほど!と思えるが、使い所を見つけることが大事

その技術はお見事の一言、その効果もかなり大きそう、というのが率直な印象。しかし、ビジネスにおいてこの技術をどれだけ使う機会があるのか?と言う点がかなり重要だな、と感じています。

普段のメールや発表など、確かに使う機会はありそうだけど、自分で見つけなければともすると見逃してしまうんじゃないか、と思ってしまいます。それほど、普段の言葉は無意識に使ってしまっているのでしょう。技術だけでなく、機会を見つけるための心がけが重要そうだと感じました。

技術を繰り返し使うこと

自分は今回、会社での発表の機会があったために、意識的にこの本を手に取りました(そして実際に使ってみた発表を心がけています)。しかし、いざという時に使える技術にするためには、やはり繰り返しの鍛錬が必要だと思います。

自分で機会を意識的に見つけていき、覚えた技術を積極的に使っていく。それが技術を身につける上で必要なことだと思います。

どうなりたいか?

今の仕事は、「ノー」を「イエス」に変える技術や、強いコトバを作る技術はそこまで多用できる環境ではないかもしれません。ですが、仕事でのワンポイントやプライベートなどで、上手にコトバを生み出すことができるようになりたい、と思います。

実践したいと思うこと

技術を使える場所を積極的に探す

まずは前述の通り、技術を鍛えるための場所を積極的に探す、ということを実践していきたいです。仕事だけではなく様々な場面で見つけることが必要そうです。

実際に使ってみる

そして、実際に技術を繰り返し使っていきたいと思います。そうすることによって初めて、技術が身につくと考えています。

気に入ったフレーズ

 このページをめくった、あなたの手で。

 

それでは。