新米会社員のビジネス書レビュー

とある地方企業の新米技術者が、会社で生き抜く術を学ぶためにビジネス書を読んでレビューするブログです。

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』レビュー

書名:スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

サブタイトル:人々を惹きつける18の法則

原題:The Presentation Secrets of Steve Jobs

著者:カーマイン・ガロ

訳: 井口耕二

解説:外村仁

 

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

 

 

この本を選んだ理由

プレゼンのハウツーについて興味を持って以前買っており、今回時間を作って読んでみました。

また、こういった本は仕事に対するやる気を上げることにもつながりそうだなあと漠然と考えて選びました。

内容

本書ではジョブズのプレゼンテーションを分析し、聴衆を魅了するテクニックの数々を初めて明らかにする。

本書の題名の通り、スティーブ・ジョブズがプレゼンで用いているテクニックを分析し、18の項目に分けて紹介する内容となっています。

あくまでスティーブ・ジョブズのプレゼン分析が主であると言えます。一般的なプレゼンの技術向上のためのノウハウ本、というわけではないでしょう。

レビュー 〜人の心に突き刺さる話をするために〜

誰もがスティーブ・ジョブズのようになる必要はない、というかなれないワケ

多くの人が思う事かもしれませんが、誰もが(自分も含めて)スティーブ・ジョブズのようなプレゼンができるとは思っていません。それは「技術がないから」という理由ではなく「そんな機会がない」と理由からです。

ジョブズのプレゼンと言えば、マックワールドでのセンセーショナルな商品紹介が最も印象に残っている方が多いでしょう。ですが、そもそもあのような場で話をすることがある人が、果たしてどれだけいるのでしょうか?

 

(やや逆説的ですが、こういった話し方ができるようになることで、ジョブズのプレゼンのような機会を得ることができるかもしれません。が、それはまた別の話)

ポイントはあくまで”話し方”にある

しかし、それでもこの本から学ぶ点は十分にあると考えています。それは、この本で紹介されているテクニックは、プレゼンに留まらないより根源的な”話し方”に繋がると言えるからです。

センセーショナルなプレゼンではなくとも、人前で話す機会というのはビジネスの現場では誰しも持っているものではないでしょうか。自己紹介、進捗報告、取引先への商品説明、などなど……

そういった時に、本書で紹介されているようなテクニックを少しでも盛り込むと、より印象深いものになるのではないでしょうか。

人前で話すということ

人の話を聞いている時、一字一句相手の聞いていることを覚えてくれる人はまずいません。だからこそ、相手にこれだけは覚えておいてほしいテーマ、キーワードを考え、それを相手に印象づけることが大事です。本書は、その助けになると言えます。

 

人に話をする時、自分の言った何気ない一言を(良くも悪くも)相手が印象深く覚えている、という経験はありませんか?

その”何気ない一言”を自分の力でコントロールすることができるとしたら。それは、コミュニケーションにおいてかなり大きな力になるのではないでしょうか。

テクニックを身につけるには、さらなる勉強を

前述したように、この本はジョブズのプレゼンテクニックの分析を主としており、それを身につけるためのトレーニング、細かいノウハウといった内容はやや薄めです。また、プレゼンの状況もやや限定的であるため、例えば日本の現場で全く同じテクニックが使える、ということもないかもしれません。

これらのテクニックを身につけ、上手に使うためには、さらなる勉強と状況に合わせて使い分ける対応力が必要ではないかと思います。

どうなりたいか?

相手の記憶に残るような話し方をすることができるようになりたい。また、人前で自信を持って話をすることができるようになりたい。

実践したいと思うこと

問題提起を的確に行う

自分の考えを人に話す時、その話になぜ注目する必要があるのか?を明確にすることで注意を引くことができます。その際、問題的を的確に行うことで(当然その文脈の作り方も本書に記されています)話に引き込めるようになります。

話し方に存在感を出す

話し方に存在感を出すために、まずは自分の発する声をコントロールすること。また、身振り手振りアイコンタクトも意識的に使うこと。

 

それでは。