読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米会社員のビジネス書レビュー

とある地方企業の新米技術者が、会社で生き抜く術を学ぶためにビジネス書を読んでレビューするブログです。

『ゼロイチ』レビュー

レビュー アイデア 組織

書名:ゼロイチ

サブタイトル:トヨタソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法

英題: How to Make ZERO into ONE

著者:林要

 

トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法   ゼロイチ

トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法 ゼロイチ

 

 

この本を選んだ理由

イデアを形にするための本は何冊か読んできましたが、「組織の中で」という枕詞がついたビジネス書は中々ありませんでした。本屋で見つけたので気になって購入。

内容

著者はトヨタソフトバンクといった大企業でゼロイチ、すなわち「0」から「1」を生み出す仕事に携わって来た方です。組織の中でそのようなアイデア勝負の仕事をするためにはどのような心構えが必要か、を記した内容です。

レビュー

この本の大きな特徴は、「組織の中でゼロイチのチャンスが巡って来た時に、そのチャンスをつかむための心構え」を示すことにあると言えます。「ゼロイチに関わる前の準備期間での行動指針」と言い換えてもいいかもしれません。アイデア自体を生み出すためのノウハウといったものはやや少なめ。掲載されているノウハウも決して真新しいものではないかもしれません。

 

メインとなる行動指針は、筆者の体験を元に組み立てられており、説得力のある内容だと思います。特に面白かったのは以下のフレーズ。

重要なプロジェクトの人事案件が発生した時、上層部の中で「認知」されていない人物の名前が候補に上がることはない

その上で、上層部に認知されるために日頃からアピールをしておきましょう、ということ。アピールのためには自分のやりたいことを積極的にやること、会社の慣習に囚われずに正しいと思うことを主張し続けること…などが挙げられています。

はたから見るとリスキーな生き方のような気もしますが、そもそもゼロイチもまた失敗のリスクを背負ってこそ実現可能な仕事。そもそもそれらのリスクを恐れていては、ゼロイチを成功させるだけでなく、ゼロイチに関わることすら難しいのでしょう。もちろん、そう言ったリスクを最小限に抑えるための方法もまたこの本には記されています。

 

しかし、組織の中で生きて生きる以上、チャンスが降ってくるかどうかは組織頼みになってしまうのでは、という感想もまた拭えません。一瞬のチャンスすら与えられない、という状況も十分にありえると思ってしまいます。ゼロイチの機会を与えてもらえる組織こそ、こういった心構えが最大限生きる場なのではないでしょうか。

 

ではどうするか?結局は、自分のやりたいことを組織に囚われずにやるという意志もまた、ゼロイチには不可欠なのかもしれません。

気に入ったフレーズ

なぜなら、誰もが「物語を生きる」ことを求めているからです。

 

それでは。