新米会社員のビジネス書レビュー

とある地方企業の新米技術者が、会社で生き抜く術を学ぶためにビジネス書を読んでレビューするブログです。

「頭がいい人の仕事が速くなる技術」レビュー

書名:頭がいい人の仕事が速くなる技術

サブタイトル:新人からベテランまで一生使える

著者:三木雄信

 

頭がいい人の 仕事が速くなる技術

頭がいい人の 仕事が速くなる技術

 

 

この本を選んだ理由

仕事を速く終えるための技術を学ぶため。そのまんま。

内容

著者は元ソフトバンク社長室長。ソフトバンク孫正義社長、そしてその後出会ってきた多くの方々から学び体得した「仕事が速くなる技術」を紹介する本です。

レビュー

筆者の経験談を元にしている側面が大きいのがこの本の特徴かもしれません。ところどころ孫正義社長とのエピソードが散りばめられており、時間を重視する感覚がビジネスにおいて優秀な人間に必要な条件の一つであることを垣間見ることができます。

 

「仕事が速くなる技術」と述べられてはいますが、中身は技術だけに留まりません。仕事が遅くなる理由、仕事を速くするための心がけなど、技術の前提として必要なことから、段階的に学ぶことができる内容となっています。

その上で、仕事術の中でも「仕事を速くする」ことにうまく焦点を当てることができているので、内容に一貫性があります。読みやすく理解しやすいので、仕事術を扱うビジネスブックの中でも良書の分類に入るのではないでしょうか。

 

幾つか気になる技術もあったので、その中で一つ「納期があいまいな場合締切を自分で設ける」について少しだけ雑感を。

実際にチームで仕事をしていると、人から仕事を頼まれた時に特に締切を設定されない、ということがしばしばあります。新入社員の時は先輩に「いつまでですか?」と聞くようにしていましたが、いつの間にか聞かなくなってきている気も。そもそも明確な締切がない、という仕事も案外多いのではないでしょうか?

そんな時に自分で締切を(それも少しキツめの締切を)設定してやれば、意識的に仕事が速くなるだろう、という技術(心構え?)。実践してみたいな、と感じました。

 

自分の経験を通してこのようなビジネス書を読むことができると、より身に残り行動に移すことができるのではないかと考えます。

実践したいと思うこと

  •  納期があいまいな場合締切を設ける
  • 必要な情報を得て仕事の全体像を把握し、自ら仮説を立て行動に移す

気に入ったフレーズ

何もないところから唯一無二のものを生み出すのは、芸術家にお任せしましょう。

 

それでは。