読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米会社員のビジネス書レビュー

とある地方企業の新米技術者が、会社で生き抜く術を学ぶためにビジネス書を読んでレビューするブログです。

「レバレッジ・リーディング」レビュー

書名:レバレッジ・リーディング

サブタイトル:100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書「多読」のすすめ

著者:本田直之

この表紙素敵だと思います。

 

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング

 

 

この本を選んだ理由

他の本の参考図書として掲載されていたため。特に何を読めばいいか、読んだ後どう行動に移すか、といった点をより深めたいと考えたから。

内容

レバレッジ・リーディングはそもそも読書ではありません。投資活動です。

ビジネス書を読む行為を投資活動と捉え、投資が成功するためのノウハウを、筆者の経験を通して紹介する内容です。投資物件としての効率的な読み方、探し方と買い方、そして利益を生み出すための活用法までが網羅されています。

レビュー

「ビジネス書の多読は投資活動」と割り切った内容となっているため、利益追求に最も大きな価値が置かれています。読書量としては1日一冊、年間400冊越えが最終的な目標になるのでしょう。

最近、どんな本を読めばいいのか少し悩んでいます。量を重視するのであれば、役立ちそうな本を吟味するのではなく、大量に読む中で自分に置き換えられるノウハウを探すことが可能になります。余り本選びで悩む必要はないのかもしれません。

いきなり400冊は無理でしょうか、本書にも書かれている通りまずは1冊から、という心構えも必要でしょう。

 

また、「本を読むこと」「読んだ内容を理解すること」「理解した内容を実践すること」を、どのように習慣化するか、といった点にも着目していました。習慣にすることができれば強い、という点は確かにその通りだと思います。

実践しようと思ったこと

  • 読む前に本を読む目的を決める。堅苦しい目的でなくて良い。
  • 本を読む行為を習慣化する。朝など決まった時間帯を設定する。
  • 読んだ内容をメモにまとめ、持ち歩き目を通すことを習慣化する。

気に入ったフレーズ

 そして、最後の答えは自分で出します。

 

それでは。